読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱クルマで地方は豊かになる!

地方の車社会、公共交通、自転車活用をはじめとする交通論・都市計画論、その他いろいろ

「まちの自転車屋さん」が生き残っていることは大変貴重なことです。

自転車のお医者さんである「まちの自転車屋さん」が地方小都市では消えつつあります。で述べました、なかなか厳しい高知県香南市の自転車屋さん事情。 そんな中でも、頑張って現役を続けている5店舗を写真とともに紹介します。 旧野市町は2店舗現存 まず、の…

中学・高校時代、ママチャリと通学自転車とMTBモドキが知っている自転車のすべてだった件について。

前記事、地方小都市では自転車文化がそもそもありません。根本的に情報も不足しています。の最後の方で、いかに地方の田舎町では自転車についての情報が乏しくて、ぼくも大学入学まで完全なまでに無知だったということを少しだけ述べました。 そうなんですよ…

地方小都市では自転車文化がそもそもありません。根本的に情報も不足しています。

自転車文化の壊滅したまち、高知県香南市 高校を卒業すると同時に自転車も卒業するほどのクルマにべったりと依存したライフスタイルで、まちの自転車屋さんもバイク屋さんの副業で細々とやっているにすぎないという香南市の自転車事情、その現状を一言で表す…

自転車のお医者さんである「まちの自転車屋さん」、地方小都市では消えつつあります。

昭和の香りを今に伝える「まちの自転車屋さん」 「まちの自転車屋さん」というと、どんな姿を思い浮かべるでしょうか? (京都府舞鶴市にて2012年4月5日撮影) たぶん、こんな姿を思い浮かべるかと思います。 古ぼけた商店街の一角にあり、レトロな外観の店…

自宅玄関からスーパー入口までドアtoドアの所要時間をオートバイと自転車で比べてみた。

香南市のような地方小都市では、ママチャリ、クロスバイク、クルマ(オートバイ)、それぞれ所要時間はどれだけ違うのか?実際に走って調べてみました。では、香南市内やその周辺地域の各地点間で、ママチャリ、クロスバイク、クルマ(オートバイ)でどれだ…

香南市のような地方小都市では、ママチャリ、クロスバイク、クルマ(オートバイ)、それぞれ所要時間はどれだけ違うのか?実際に走って調べてみました。

香南市内および周辺部との各地点間の所要時間を比べてみました ママチャリとクロスバイクとクルマ・オートバイで、どれだけ所要時間が違うのでしょうか? 実際に、香南市および周辺部の主要地点間で計測してみました。 計測にあたって、使用した自転車は、マ…

「自転車=ママチャリ」と捉えていては、香南市のような地方小都市で自転車が利用されないのは当たり前です!

日本国内で最大のシェアを誇る自転車は無論のことママチャリでしょう。 一般にママチャリと呼ばれている自転車には、買い物タイプと通学タイプがありますが、当ブログでは特に、買い物タイプを「ママチャリ」として扱います。 通学タイプは「通学自転車」と…

地方小都市ではガソリン価格高騰も自転車ブームの後押しには全くつながりませんでした・・・。

ガソリン価格高騰も全く追い風にはならず そんな自転車が交通手段としてほとんど活用されていない香南市、ガソリン価格が高騰した時はどうだったのでしょう? 2005年ごろから原油価格がじわりじわりと上がり続け、2008年夏ごろピークに達しました。値上げ直…

地方小都市(田舎町)の自転車事情。高校卒業とともに自転車も卒業してしまうのが現実です。

こんにちは。今回からマジな自転車記事を書いていきますよ。これから、すでに書いている自転車本の原稿を小分けにブログ向けにアレンジした上でアップしていきます。 ぼくが現在住んでいる高知県香南市を具体例に、地方の小都市(田舎町)の自転車事情を紹介…