脱クルマで地方は豊かになる!

地方の車社会、公共交通、自転車活用をはじめとする交通論・都市計画論、その他いろいろ

普通に生活していて突然借金(ローン)が増えてしまうクルマ社会の不条理。

 

前記事「クルマとスマホのために働く地方の若者。」で取り上げた女性の方ですが、この話しには続きがあります。

 

一瞬の不注意による自損事故でクルマは廃車に…

 

ある年の冬、不幸にも事故を起こしてしまいました。

 

日曜日に遊んだ後、帰宅途中に不注意(本人いわく居眠りだとか)で工事現場に突っ込んだという自損事故です。クルマは修理不能と判断され(シャーシが歪んでしまったらしい)廃車となりました。だが幸いにも、怪我はほとんどありませんでした。壊してしまった工事現場の修復費用や怪我の治療費は、任意保険の対物賠償保険、搭乗者傷害保険に加入していたため、それで全部補填できました。

 

しかし、車両保険には入っていませんでした。

 

保険代が高くなるのを嫌ったのか、そこまで必要ないと思ったのかは定かではありませんが、代替のクルマを入手するための資金は、保険からは1円たりとも下りません。自力でなんとかする必要があります。

 

参考:高知県の任意保険(対人対物)加入率、約58%!クルマ社会はすでに行き詰まっています!

 

ローンを一本化して代替の新車を購入

 

結局、新たにローンを組んで新車(同じく軽自動車)を買うことになりました。中古車ではなく新車を買ったは、通勤距離が長いだけに下手に中古車にすると燃費が悪くなるからだそうです。その際、残っていた前のクルマのローンも借り換えて一本化し、新たに8年でローンを組んだそうです。

 

事故当時、前のクルマのローンは残り1年半ほどでした。ローンを払い終わってもずっと使い続けるつもりで、「10年以上乗るつもりだった」と本人はおっしゃっていました。

 

ゴール(ローン支払い完了)までもう一息だったのに…。トラップにひっかかってスタート(ローン支払い開始)まで引き戻されてしまった…。

 

そんな感じですよ。いや、金額が多くなった分、前回のスタートラインよりもさらに手前にまで戻ってしまったと言えます。

 

そんな状況になっても、本人は「クルマが壊れただけでよかった」と至って前向きにとらえています。それはそれで素直に素晴らしいと思います。起こってしまったことをいつまでも悔やんでも仕方ないですからね。

 

突然、莫大な出費を強いられたり借金が増えてしまう不条理

 

確かに、本人の不注意が引き起こした事故ではあります。

 

と言っても、何も無謀運転や確信的な道交法違反をしていたわけではありません。普通にクルマを運転していただけですよ。

 

この種の事故は誰にでも起こりえます。どんなに安全運転を心がけていても、無意識のうちに漫然運転になってしまい、前方のクルマに追突ということもありえます。

 

至って普通に運転していても、ほんの一瞬の不注意で大怪我を負ってしまったり、莫大な経済的損失を抱えたりするのです。廃車にならずとも、修理費が数十万円かかることもめずらしくありません。ほとんど、パチンコで大負けしたようなものですよ。

 

パチンコは行かなければいいけど(そうは言っても、パチンコに通うことをやめられない「ギャンブル依存症」の方も多いので社会問題になっていますが)、公共交通が不便な地方、クルマに乗らないわけにはいきません。パチンコよりタチが悪いです。

 

普通に日々生活していて、突然莫大な出費を強いられたり借金(ローン)が増えてしまうというのは不条理ですよ。

 

同様な事故を起こし、車両保険に入ってなかったがために、二重にローンを抱えてしまったという事例は、知り合いの中だけでもこれだけにとどまりません。その方も、「高知ではクルマは必需品だから仕方ないですわ…」ってぼやいていましたよ。

 

もちろん、車両保険までカバーするフルコースで任意保険に加入すれば、不測の事態への備えも経済面においては万全です。いきなり、莫大な出費や二重ローンで苦しむことはありません。しかし、当然ながら掛け金は高くなってしまいますし、事故を起こすとさらに保険料が上がります。どっちにしても、結局は高いものについてしまいます。地方の安い給料では、かなりキツいで負担ですよ。

 

「車両保険まで入っておくべきだ」って簡単に言える問題ではないのですよね。

 

やっぱり公共交通を充実させていかないとマズいですよ!

 

クルマに頼りすぎた生活そして社会が、いかに高コストで脆弱なものであるか痛感せざるを得ない出来事でした。

 

今後も過度なクルマ依存を放置し続ければ、地方は疲弊していく一方だと思います。誰もが気軽に使える、安くて便利で安全に利用できる公共交通を一刻も早く充実させていかないと!!